間違ってもいいから思いっきり(市井人の日曜研究)

私たち人間は、言葉で物事を考えている限り、あらゆるものを「是か非か」と格付けする乱暴な○×ゲームに絶えず影響されています。ここでは、万人が強制参加させられているこの言語ゲームを分析し、言葉の荒波に溺れてしまわないための知恵を模索していきます。

洗脳だったら何なのか

 当ブログのテーマは、良くも悪くも私たちの生き方を振り回してしまう言葉の影響力。
 私たちの印象を左右し、行動の方針を説得し、ものの見方を刷り込み、気付かないうちに私たちを洗脳していくのが言葉です。


失われた神を求めて - 間違ってもいいから思いっきり


 だからと言って、囚われを何もかも捨てようとか、言葉を使わずに考えようだとか、全ての刷り込みや洗脳から抜け出そうといった夢物語を目指しているわけではありません。
 私の目標は、無自覚のうちに自分が無数の言葉たちに影響されてしまっていることを謙虚に受け止める習慣を広め、「自分を理性的に制御する」といった身の程知らずな目標に挫折して傷付く人を減らしていくことです。

 世の中には「こうすれば刷り込みや洗脳をすっかり打ち破って望み通りに生きられる」といった甘い言葉もゴロゴロと転がっています。
 しかし、脱洗脳とはただ単に再洗脳の言い替えに過ぎません。
 そんな言葉の影響力によって「おかげで全ての洗脳や刷り込みから脱出できた」とか「素直に従えない人は余計な先入観を刷り込まれているからだ」といった、「目覚めの方法」を絶対視する新たな洗脳が生まれることになります。

http://mrbachikorn.hatenablog.com/entry/2014/05/29/064500

 こういった話題で必ず槍玉に挙がるのが宗教です。
 そして宗教からの「目覚めの方法」として、近代以降もっとも影響力を持っていたのが「科学的なものの見方」です。

 ですが現代になって「科学的なものの見方」も一つの偏見に過ぎないという考え方が広まってきました。
 その副作用として「これまでの科学的偏見からの脱洗脳」を自称する、カルト宗教やスピリチュアルや疑似科学といった勢力も続々と登場しています。

http://mrbachikorn.hatenablog.com/entry/2014/05/31/064300

 どの勢力が本当の「目覚めの方法」なのかといった小競り合いに大した意味はありません。
 言葉を使って生きている限り、他人を洗脳しないことも自分が洗脳されないことも不可能。
 私たち人間はもともと、言葉によるお互いへの洗脳によって右往左往し合う生き物なのです。

http://mrbachikorn.hatenablog.com/entry/2014/03/31/200500

 もちろん私のこうした文章も、読者の皆さんへの洗脳と言うことができます。
 世の中に溢れている無数の刷り込みの言葉のうち、どの洗脳を取り入れてどの洗脳を遮断するかは、読んでいる皆さん次第。
 私には「真実に目覚めよ」といった類いの洗脳を施すつもりは毛ほどもありません。

 このブログでの私の説得工作は、大きく5つのテーマに別れています。
 「ヒトの仕組み」では、なぜ人間は言葉による洗脳で右往左往してしまうのかという根本的な原因について考察しています。

ヒトの仕組み カテゴリーの記事一覧 - 間違ってもいいから思いっきり
 「乱暴な○×ゲーム」では、言葉によって起こる刷り込みや洗脳の荒波をいろいろと紹介していきます。

乱暴な○×ゲーム カテゴリーの記事一覧 - 間違ってもいいから思いっきり
 「私の泳ぎ方」では、刷り込みや洗脳の荒波に対して私自身はどう対処しているのかという具体例を紹介していきます。

私の泳ぎ方 カテゴリーの記事一覧 - 間違ってもいいから思いっきり
 「それぞれの波乗り」では、刷り込みや洗脳の荒波に無理に逆らわずに乗りこなしている著名人の発信を紹介していきます。

それぞれの波乗り カテゴリーの記事一覧 - 間違ってもいいから思いっきり
 そして「当ブログの方針」

当ブログの方針 カテゴリーの記事一覧 - 間違ってもいいから思いっきり

では、この記事でやっているように、ブログ運営の意図をかいつまんで説明しています。

 不定期に更新を続けてきた当ブログですが、これからは毎週日曜日の更新を目指していく予定です。 
 私なりに知恵を絞りながら綴っていきますので、これからもどうぞよろしくお願いします。



※当ブログの主なテーマは、この世界を支配する「正しさ」という言葉のプロレスとの付き合い方。

http://mrbachikorn.hatenablog.com/entry/2014/03/12/175400
※そのプロレス的世界観を支えている「記述信仰」の実態を、簡単な図にしてまとめています。

http://mrbachikorn.hatenablog.com/entry/2014/07/06/051300