読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

間違ってもいいから思いっきり(市井人の日曜研究)

私たち人間は、言葉で物事を考えている限り、あらゆるものを「是か非か」と格付けする乱暴な○×ゲームに絶えず影響されています。ここでは、万人が強制参加させられているこの言語ゲームを分析し、言葉の荒波に溺れてしまわないための知恵を模索していきます。

受け継がれていく祭り

 昨日は田楽座福岡公演「祭り芸能楽 信濃」の上演日でした。
 信州伊那谷を本拠地として活躍する歌舞劇団田楽座の活動理念は、土の香、人の情け、ふるさとをこよなく愛して、というもの。
 そんな田楽座の活動の集大成とも言える創立50周年作品「信濃」の中にも、「祭りをいかに受け継いでいくか」という普遍的なテーマが分かりやすく描かれています。
f:id:mrbachikorn:20161009235842j:plain
 
 2部構成の舞台の第1部「信濃の故郷」では、田楽座が50年以上も根を下ろしてきた長野県の唄やお囃子や獅子舞や舞などを通じて信州人のスケールの大きさやたくましさや繊細さなどを紹介し、信州のお盆の情景を描いた「盆の亡者 現世参り」とい
う歌舞劇で締めくくられます。
 このお芝居では、何十年も前に亡くなってお盆に久しぶりに故郷に帰ってきた若者が「自分の生きていた頃」とはまるで変わってしまった故郷の様子を嘆きながらも、それでも変わらずに残っていた盆踊りの存在を心の拠り所にして「また来年のお盆も帰ってこよう」とその故郷愛を再確認していきます。
 時代の移り変わりとともに継続が難しくなってきているお祭り芸能は少なくないですが、ふるさとに芸能を残していくことの意義を死者の目線から描くことで、全国各地のお祭り芸能の担い手たちにエールを送っているのです。
 
 そして第2部の「田楽法師~西へ東へ~」では、全国各地の唄や踊りや囃子や特色溢れる太鼓の数々を目一杯紹介しています。
 田楽というのは田植えを囃す音楽のことで、その田楽を演じていた職業的芸人を田楽法師と呼びました。
 この田楽法師が色々な地方で田楽を演じて回ったことをきっかけに、広まっていった芸能の種もあるということです。
 
 そして、各地に芸能の種を蒔いていった田楽法師の在り方こそが、歌舞劇団田楽座の目指す方向性。
 移り変わりゆく現代社会の中で、各地に残されている民俗芸能の魅力を広めるべく、公演活動や技術指導などを全国各地で行っています。
 このように「現代の田楽法師」として生きる田楽座の生き様を、第2部では存分に表現し切っていました。
 
 そしてアンコールは、福岡で田楽座を応援している実行委員会「田楽座福岡の会」とのコラボ演奏。
 演奏されたのは田楽座が福岡の実行委員会のオリジナル曲として作曲した「踊り囃子にぎまつ」という、笛と太鼓と踊りの賑やかな楽曲。
 満員御礼の会場を何十人もの実行委員たちがぐるりと取り囲み、第1部で観た盆踊りを彷彿とさせるような輪踊りが披露されて、舞台は大団円を迎えました。
 
 こうした田楽座オリジナル曲は、福岡・兵庫・奈良・静岡・神奈川と様々な地域で受け継がれており、それぞれの地域のファンたちが地元の新たな芸能として根付かせようと精力的に活動しています。
 日本には受け継いていくべき芸能があることを伝えるのが第1部であり、その大切な役割を田楽座これからも続けていくという決意表明が第2部だとすれば、アンコールのコラボ演奏はその成果の一部を見事に体現すものになっていました。
 
 この公演で初めて田楽座を観た教え子にもお祭り芸能の魅力が伝わったようで、紹介してくれてありがとうという感激の声をいただくことができました。
 それほど知名度の高くない田楽座ですが、日本の民俗芸能の魅力を全身全霊で伝えてくるその舞台は必見です!
 
 
2016/10/30 (日) 長野県 長野市
「田楽座と夢の共演」
舞楽鼓と南京玉すだれシスターズとその一座
会場 長野市勤労者女性会館しなのき
開演 14:00
一般(高校生以上) 1500円
小・中学生 1000円
お問い合わせ
和太鼓衆 呑舞楽鼓 090-4825-6249
南京玉すだれシスターズ 090-2737-4572

2016/11/26(土)岐阜県 高山市
高山市制施行80周年記念
歌舞劇団田楽座 高山「初」公演 
会場 丹生川文化ホール
開演 14:00  開場 13 : 00
ペア券 4500円(前売限定)
大人  2500円
子ども(3歳~高校生) 1000円
当日各500円増
主催/観に行かまいかな田楽座
 
2016/12/11 (日) 長野県 中川村
信濃に生きて50年 田楽座 中川村公演
会場 中川村文化センター
開演 15 : 00 開場 14 : 00
一般 2500円
小中高 1500円 (当日各 500円増)
主催/田楽座

2017/1/15 (日) 長野県 大町市
信濃に生きて50余年 まっちゃん追悼 in大町公演
会場 大町市文化会館 開演 14:00 開 場 13 : 30 大人 3500円 子ども(小中高) 1500円 (当日各500円増)
主催/田楽座を大町で 楽しむじゃね~会

2017/1/29 (日) 愛知県 名古屋市
田楽座×大須演芸場
会場 大須演芸場
開演 昼の部 14:00 夜の部 18:00
開場 各30分前
一席 2800円 (当日500円増)

2017/2/12 (日) 岐阜県 中津川市
まっちゃんを偲んで 田楽座中津川公演
会場 中津川市中央公民館
開演 13:30
大人 3000円 小中高 1500円
主催/田楽座中津川公演実行委員会
代表 安保洋勝(あぼ兄)

2017/2/19(日) 栃木県 宇都宮市
DENGAKUZA LIVE@宇都宮パルティ
会場 とちぎ男女共同参画センターパルティホール
開演 14:00 開場 13:30
一般 2000円(中学生以上) 小学生 1500円
幼児 1000円(3歳以上)
全席自由(当日各500円増)
主催/田楽座
 
2017/3/5 (日) 東京都 葛飾区
DENGAKUZA LIVE@葛飾シンフォ ニーヒルズ
会場 葛飾シンフォニーヒルズ 開演 昼の部 15 : 00 夜の部 19:00
開場各30分前
一般 3000円
3歳未満無料
(当日 500円増)
主催/田楽座
 
2017年3月26日(日)
群馬県みどり市大間々町
田楽座 ながめ余興場公演(3回目)
会場・・・ながめ余興場
開場・・・13時30分
開演・・・14時
ペア券・・・4500円
大人・・・・・2500円
こども(小中高)1000円
未就学児・・・無料
当日各500円増
主催・・・田楽座ながめ余興場公演実行委員会「ながめでんがく」