読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

間違ってもいいから思いっきり(市井人の日曜研究)

私たち人間は、言葉で物事を考えている限り、あらゆるものを「是か非か」と格付けする乱暴な○×ゲームに絶えず影響されています。ここでは、万人が強制参加させられているこの言語ゲームを分析し、言葉の荒波に溺れてしまわないための知恵を模索していきます。

政治との建設的なお付き合い

 日本では、政治の話題というとその大半がネガティブなものになりがちです。
 日々のニュースにおいても、ポジティブな情報よりはネガティブな情報の方がはるかに豊富なように思います。
 そこで今回は、人生をのびのびと楽しむための建設的な政治との付き合い方を考えてみたいと思います。
 
 まず、政治の不満を解消する一番シンプルな方法は、自分自身が世界を直接動かす力を持つということです。
 世の中を動かすほどの発言力を持った政治家になる、財界人になる、科学者になる、宗教家になる、思想家になる、などなど、過去に世界を動かしてきた偉人たちの実例があるのですから、可能性はゼロではないはずです。

 次に、政治運動に積極的に参加するという手段もあります。
 応援している政治家や政党の影響力を拡大するために、ただ単に自分が一票を投票するだけでなく、共感してくれる支持者を増やすための権力闘争的な活動に生涯を捧げる人もいるでしょう。

mrbachikorn.hatenablog.com
 現在の政治の仕組み自体が気にくわないなら、根本的な選挙制度から見直しを迫るための活動を応援するという人もいるでしょう。

mrbachikorn.hatenablog.com


 そして、単に会話のネタとして消費するという活用法もあります。
 これはこれで、人生を楽しむための前向きな対処法の一つと言えるでしょう。
 「世の中間違ってる」といった愚痴を共有することで、会話が弾んで仲間ができて酒が美味くなってストレスが発散できるなら万々歳じゃないですか。  

mrbachikorn.hatenablog.com


 さらには、政治の話題とは一定の距離を置いて、ただただ自分の身の回りを充実させるための活動に専念するという手もあります。
 政治に勝手な期待をかけておいて、自分の思い通りにならないからと常に腹を立てているよりは、最初から政治に余計な期待をせずに、自分自身のストレスケアや身近な対人関係の良好化に努める方が、努力が直接結果に結び付きやすいため精神衛生上好ましいという人もいるでしょう。

 世の中を直接動かす人になる、政治運動に積極的に参加する、政治を会話のネタにする、政治に期待をかけず自分の人生に専念するなど、人生を豊かにするための政治との付き合い方は人それぞれ。
 どのタイプの人も、自分のやりたいことの中で優先順位をつけて、その中で自分が選んだ道を歩んでいるわけです。

 今回はおおまかに4つのタイプに分けてみましたが、自分はどのタイプにも当てはまらないと思う人もいるでしょう。
 世の中を直接動かすなんてそもそも無理に決まってるし、政治運動に積極的に参加したいとも思えないし、政治の問題を会話のネタとして割り切るなんて不謹慎なこともできないし、だからといって無関心なわけでもなく政治のことは真剣に考えて憂いている。
 そのように考えている人の行動を客観的に比較してみれば、心情的に割り切れていないというだけで実際にやっていることは3番目の「政治を会話のネタとして消費している人」とほとんど一緒です。

 政治を変えるための具体的な行動を起こそうとしない人は、政治を変えることよりも他に自分の中で優先することがあるからやっていないだけ。
 「間違った現実に異を唱え続けることが世の中を変えることに繋がる」と信じているような自称「真面目な人」も、そういった信念を採用することで思い込みによる自己満足を得ているだけ。
 政治的な運動に携わって多大な労力を費やしても実際の政治にはほとんど影響できないという状況を考えたら、現状に文句をつけているだけで「自分は他の人よりも意識が高い」という満足が得られるこの方法のほうが手軽で簡単で便利なんでしょう。

 要は、誰だって好き勝手な方法で自分なりの満足を得ているわけだから、政治の話題を会話のネタと割り切っている人も、政治に何も期待せずに自分の身の回りのことだけに集中する人も、「自分の満足のために好き勝手する」という点では真面目に政治に文句を言ってる人と行動の原理は変わりません。
 そこに大した優劣などは存在しないのです。

mrbachikorn.hatenablog.com

 もしそういった自称「真面目な人」から「あなたは政治に対して不真面目だ」「そんないい加減な人がのさばっているから世の中よくならないんだ」などと責められても、「自分は間違ってるんだろうか」と真剣に悩んだりする必要はありません。  

mrbachikorn.hatenablog.com
 「この人はこのように言うことで自分なりの満足を守ろうとしてるんだな」ととらえて済ませればそれで十分です。

 政治にまつわるこうした真面目ぶった圧力は、日本社会のあちこちに蔓延していて私たちをモヤモヤさせる障害となっています。
 あなたの人生をより豊かにするためにも、自称「真面目な人」の圧力による不愉快な感情という被害を最小限に食い止めていきましょう。


※当ブログの主なテーマは、この世界を支配する「正しさ」という言葉のプロレスとの付き合い方。

http://mrbachikorn.hatenablog.com/entry/2014/03/12/175400
※そのプロレス的世界観を支えている「記述信仰」の実態を、簡単な図にしてまとめています。

http://mrbachikorn.hatenablog.com/entry/2014/07/06/051300